レブラミド及びポマリストを服用している方の介護について

レブラミド及びポマリストは、サリドマイド誘導体であり、ヒトでの催奇形性の可能性があるため特別な管理(レブメイト)が必要な薬剤です。

レブラミド及びポマリストは、動物実験で催奇形性[お腹の赤ちゃん(胎児)に重大な障害を及ぼす作用]が報告され、ヒトに対しても同じ作用があらわれる可能性があります。そのため、レブラミド及びポマリストの作用によって赤ちゃんに被害を及ぼさないように、適正管理手順(レブメイト)を定めており、レブラミド及びポマリストを服用される患者さん、ご家族の方、医師、薬剤師をはじめとする医療関係者などレブラミド及びポマリストでの治療にかかわるすべての方に、この手順を守っていただく必要があります。

介護に関わる方へ

次へ